STUDY

勉強ノートをシェアするアプリ

ノートの種類

学校の授業ノート

先生が黒板やホワイトボードに書いて書いていることだけでなく、話していることもできるだけメモしましょう。
きれいに書き写すことより、あとで見直して授業の内容を思い出せることが大切です。

問題集学習ノート

問題集に書き込むのではなく、学習用にノートを作成しましょう。同じ問題集を繰り返し何度も解くことは、特に受験勉強に役立ちます。

予習・復習ノート

学年の変わり目や長いお休みなどには、予習または苦手な科目や単元の復習をするのがおすすめです。

テスト対策ノート

テスト範囲が発表されたら、要点や注意点をまとめたノートを作りましょう。まとめることで頭の中が整理され、わからない部分がどこなのかもはっきりするので、勉強の計画が立てられます。
あとから見直しやすいように色分けしていると、テスト直前の確認でも役立ちます。

テスト直しノート

思うように点が取れなかったテストは、もう見たくないかも知れませんが、自分のミスをしっかり把握してどこを見落としていたのか、どうすれば正解だったのかをしっかり確かめましょう。
テストのたびにこうして復習すると、自分の間違いのクセなどもわかってきます。

勉強ノートをシェアするアプリ

ノート作りのポイント

  • 1. 目的ごとにノートを作る
  • 2. きれいで見やすいノートにする
  • 3. 作成に時間をかけすぎない
  • 4. 字を大きめに書く
  • 5. 重要なことは色分けする
  • 6. 後から書き込めるよう行間は広くとる

ノート参考例

ノートシェアのなかでも特に「いいね!」の多かったノートを紹介します。良いところを日々のノートづくりに活用してください。

勉強ノートをシェアするアプリ

【古典】動詞の活用(種類と見分け方)

国語用ノートではなく方眼ノートを利用することで全体を視認しやすくなります。
注意するべきところを赤で書いているので、後で見返しても重要なポイントがすぐわかりますね。
字を丁寧にきれいに書いているのがさらにグッド。

勉強ノートをシェアするアプリ

【世界史】古代オリエント世界

教科書に載っている図や地図を自分で模写することでより頭に入りやすくなります。
きれいに色分けされ、わかりやすくなっていますね。
歴史の流れを矢印で時系列順に書くことも、流れをつかむのに役立ちます。

勉強ノートをシェアするアプリ

【数学】テストの見直し

テストで間違えたところをノートにまとめるのは復習に最適です。
問題のどこにミスがあったのか、間違えやすいポイントはどこか、自分で整理できているのがよくわかりますね。

参考になりましたか?すべてを一度にやろうとせず、できることからコツコツと続けていくことが大切です。
まずは重要なことを箇条書きにしてみたり、わからないところを書き写すことからはじめてみましょう。